WiMAXルーターの選び方

WiMAXのルーターには様々な機種があって、どれを選ぶか悩みますよね。そこで、今回はWiMAXルーターをまとめてみました。

まず、最新端末のWX01を紹介します。WX01は3月に発売されたばかりの最新端末です。特徴は、なんといってもキャリアアグリゲーションが使えること。キャリアアグリゲーションというのは、従来はWiMAXの最新速度は110Mbpsですが、キャリアアグリゲーションを使うことによって倍の220Mbpsの速度を実現しています。キャリアアグリゲーションは、4*4MIMOという技術を使用して実現しています。重さは97gと非常に軽く、持っていても全く重さを感じません。他のWiMAX端末とくらべても非常に軽い端末です。同時接続数はWi-Fi機器が10台同時に接続することができます。なので、家族で使うにも適しています。

家で据え置きとして使うには、クレードルを使うのが良いと思います。WiMAXは高速通信が可能で、もともと110Mbpsの高速通信が可能ですが、WX01ならさらに高速通信が可能です。220Mbpsという2倍の速度での通信が可能です。なので、家で固定回線として使うことが可能なのです。

次に、ライバル機のW01について説明します。W01は2015年発売の最新機種で、WX01のライバル機です。W01もキャリアアグリゲーションが使える機種です。W01は重さは113gで、WX01よりも少し重いですが、あまり気にならない重さだと思います。バッテリーは8時間持ち、旧機種のHWD15は10時間持つので、少しバッテリーが短くなっています。しかし、普通に使うなら十分でしょう。W01も最大10台の同時接続が可能で、家族で使うこともできます。

旧機種のHWD15も紹介しておきます。旧機種の場合、安く手に入れることができたり、プロバイダーによってはキャッシュバック額が増えたりすることもあるので、HWD15を選ぶメリットも十分あると思います。また、先程も書きましたがW01、WX01よりもバッテリー持続時間が長く、10時間持ちます。最新機種に劣る点としては、キャリアアグリゲーションが使えないので最大速度が110Mbpsしか出ないことです。しかし、110Mbpsでも十分高速といえると思います。重さは140gで、上記2機種よりも少し重いです。同時接続数は10台で、これも固定回線代わりに使うのに適しているといえるでしょう。

NAD11も旧機種ですが紹介しておきます。NAD11はWX01と同じ会社が作っている端末で、NAD11の後継機です。軽さが売りの端末で、約81gという超軽量端末になっています。動作保証環境は5~35度で、寒い地域に住んでいる人は結露に注意してください。充電時間は150分で、2時間半で充電完了することができます。この端末も、古い機種ですがオトクに手に入れることが出来る場合があり、選ぶメリットは十分にあると思います。

WiMAXの料金の種類

WiMAXをお得に契約するために、WiMAXの料金の種類について説明したいと思います。

まず初期費用がかかります。初期費用は、最低でも3000円で、高いプロバイダーだと20000円ほどすることもあります。

次に端末代金です。端末代金は、キャンペーンによって0円になることもあれば、4800円ほどすることもあります。端末の定価は20000円ほどするので、それでもお得ですが、できれば0円で手に入れたいですよね。また、最新端末が0円でクレードルセットでも0円というプロバイダーもありますし、最新端末は高額、クレードルセットは2000円プラスということもあります。また、最新端末だとキャッシュバック額が下がるというプロバイダーもあります。

次は月額料金です。月額料金は安いところでは2000円代から、普通は3600円から4000円代が多いです。ただ、月額料金が安いプロバイダーでは初期費用など他の費用が高額なので、結局やすくならないということがあります。

次はキャッシュバックです。キャッシュバックキャンペーンは全てのプロバイダーが行っているわけではなく、全く行っていないプロバイダーと高額キャッシュバックを行っているプロバイダーがあります。高額キャッシュバックのプロバイダーでは、10000円から30000円以上のキャッシュバックを行っています。大変おトクなので、WiAMXを選ぶ際はキャッシュバックキャンペーンが充実しているプロバイダーを選ぶと良いと思います。

実は、解約金というのもあります。これは、契約更新月以外の月に解約すると発生します。

WiMAXは一度契約すると2年間使い続ける必要があります。やはり高額なキャッシュバックなどお得なキャンペーンをするには、継続して使い続けて貰う必要があるのでしょう。契約更新付きは2年ごとに訪れます。ここで注意しなければならないのは、2年使えばいつでも解約できるわけではなく、2ねんごとの契約更新月がすぎればまた2年間使わないと違約金無しでの解約ができないことです。違約金は、最初の1年は19000円、1年〜2年までは14000円、3年後からは9500円ということが多いようです。

以上です。

WiMAXでネット料金節約

WiMAXを使えば、ネット料金を節約することができます。

なぜかというと、WiMAXは高速通信が可能で、かつ通信量無制限だからです。

従来のモバイル回線は通信が遅く、また不安定なため固定回線を置き換えるなんてとてもじゃないけど無理でした。

しかし、WiMAXは下り220Mbpsの高速通信が可能です。どんな作業でもWiMAXの高速通信ならこなすことができます。

たとえば動画を見たり、メール、ブラウジングなどをWiMAXならストレスなく行うことができます。

また、モバイル回線はつながりづらいのですが、WiMAXならつながりづらいということは少ないです。エリアは首都圏を中心に全国展開してますし、幅広いエリアで使うことができます。また、以前はマンションや高層ビルではつながりづらいということがあったそうですが、最近はソウでもないようです。

というわけで、WiMAXの高速通信なら固定回線の代わりを果たすのに十分というわけです。また、一人で使うのももちろん十分ですし、家族で使うということもできます。

それから、重要なのはWiMAXは通信量無制限という点です。モバイル回線は、普通は通信制限があるので、固定回線の代わりに使うのは無理でした。しかし、WiMAXには通信量無制限プランがあります。

WiMAXを固定回線に置き換えるとどうなるでしょうか。

今ネット料金の体系はどうなってますか?例えば、家の固定回線に2000円、スマホ代に5000円とか、そんな漢字でしょうか。

それらをWiMAXで置き換えることが可能です。家の固定回線はADSLならWiMAXの方が速いということもあります。固定回線はWiMAXで置き換えてOKでしょう。

ではスマートフォンはどうでしょうか。スマートフォンをWiMAXでネットに繋ぐことは可能です。もちろんWiMAXは外にも持ち出すことができます。

スマートフォンをWiMAXで使ってしまうと、電話が使えないというデメリットがあります。ですが、LINEやSkypeで代用できるので、これも十分ではないでしょうか。

Just another WordPress site